審査の甘い銀行おまとめローン一覧~金利が安い銀行におまとめ

おまとめローンはこうやって選ぶ!

おまとめローンを利用したいと考えている人は複数社からすでに借り入れがある状態だと思いますが、おまとめローンを利用すれば1社に1本化する事ができて、もとよりも金利が安くなる分、返済する額も少なくなります。
保険などを見直すように、カードローンを中期・長期で返済している方は、できるだけより良い条件の会社にまとめてしまうのが得策です。(※やらないとかなり損します。)

おまとめローンの選び方

おまとめや借り換えをする際に肝心なのは、いまの借金を全部返すことが可能かどうかです。
このため、一本化するのに足りる融資額に設定されているか確かめることを忘れてはいけません。
また、同じように大事なのは、新たに契約する業者の金利です。
いま抱えている借金より金利負担が大きい場合、おまとめや借り換えをする意味がありません。
現状より低金利の契約になることにより、トータルの借金返済金額が安くなります。
この他、おまとめや借り換えをする場合には、返済期限も比較したほうが良いでしょう。
長いほど月々の返済負担額が安くなり、余裕を持った返済が可能となります。
金利の負担分とのバランスを確認し、自分に合った返済期限を設けているところを選びましょう。
それから、人によっては急いで借金を一本化したいと思っているでしょう。
この場合にはスピード審査に定評のある業者を選んだほうが良いかもしれません。
審査に時間をかけるところより、早く融資を受けられる可能性があります。
ただし、急いでいるときというのは、冷静な判断力を失っていることがあるでしょう。
審査は早いけれど、金利が高い、融資額が低いなどの問題があってはいけませんので、他の要素もしっかりと確認した上でスピード審査のところに申し込みましょう。
また、収入が低め、借入件数が多いなど、審査で不利になる条件があるけれど、確実に借りたいという人もいるのではないでしょうか。
この場合には比較的審査が甘い、借りやすいことで評判になっているところなら融資を受けられる可能性があるでしょう。

おまとめローン・借り換え利用の流れ

おまとめローンは複数の業者の借金を一本化する方法、借り換えは一社の借入を条件の良い他社に乗り換える方法のことをいいます。
これらを利用する場合、どのような流れをたどることになるのでしょうか。
わかりやすく解説しますので、参考としてお役立てください。
まずは申し込み方法ですが、いま主流になっているのはインターネット経由での申し込みです。
申し込みを行い、業者側での受付や確認が行われると、今度は審査が始まります。
審査で問題なし、返済能力ありと判断されると、契約を締結するにいたります。
指定の口座にお金が振り込まれますが、大事なのはここからです。
まずは自分が指定した口座からお金を引き落としますが、いまある借金をそのお金を使い完済しなくてはいけません。
新たに利息が発生する前に、できるだけ早くに全部返済する必要があるでしょう。
あとはおまとめや借り換えをした業者に対し、返済を行っていく形になります。
なお、サービスが行き届いている金融機関だと、自分で他社の借金を返済しなくても良いケースがあります。
おまとめや借り換えを契約した金融機関が他社への返済を代行してくれる場合がありますので、支払いが面倒だと感じる人はお願いすると良いでしょう。
なお、本当に支払いが行われたのか、完全に他社の借金がなくなったのか不安に感じるという人は、完済証明書の発行をお願いしましょう。
この書類を発行することは義務ではありませんので、欲しい場合は自己申告しなくてはいけません。

おまとめローンの審査に落ちたら

借金を一本化しようと思いおまとめローンに申し込みをしたものの、残念ながら審査に落ちたという人がいます。
審査に落ちた場合、どうして審査に通らなかったのか、原因を知ることはできません。
収入が足りない、勤続年数が足りないなど人によって審査に落ちる理由はさまざまです。
一社に申し込みをして駄目だったら、審査が甘い他の業者をあたってみると良いでしょう。

審査落ちした人はこちらのサイトが参考になります
カードローンの審査に落ちた|審査に通る方法・審査に落ちるのが嫌な方へ

もしもまた同じ結果だったとしたら、そろそろ注意が必要な時期に差し掛かっています。
短期間のあいだに多くの業者に申し込みをすると、いわゆる申し込みブラックの状態になるからです。
返済能力がないのに立て続けに申し込みをしている人と判断されることになり、こうなるともうどこも相手にしてくれません。
そのため、おまとめローンの申し込みを2~3社あたったらしばらく申し込みはやめます。
申し込んだ事実は個人信用情報機関に記録されますが、3~6ヶ月経過することにより削除されます。

この期間が経過するのを待ったあと、再度おまとめローンの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
なお、情報が残っているか、削除済みかどうかは信用情報機関に開示請求することによりわかります。
待っている期間中仕事を継続していれば勤続年数が足りて審査に通る可能性がありますし、遅れることなく他社の返済を継続していると好印象を与えられます。
逆に申し込みを控えているあいだに退職したり、借金の返済が遅れるようなことがあると状況がますます悪くなりますので、くれぐれも注意しましょう。

ページトップへ